So-net無料ブログ作成
SAIPAN DIVING ブログトップ

サイパンでのファンダイブ [SAIPAN DIVING]

今回は、今まで書いた以外のファン・ダイブを一気に書きます。ちょっと長めです。

ダイビング3日目。実習のお休みの日。

1本目のポイントはバイザイクリフ。第二次世界大戦の時、日本人がバイザイと言って飛び込んだため、バイザイクリフという名前がついたそうだ。ボートがポイントに近づいた時、多くのイルカがいた。残念ながら水中では見れなかった。波が荒かったので、船酔いしてしまった。係留したところは高台になっていて、周辺に潜り、回ってきて戻った。魚影は中ぐらい。いっぱいいたのがナンヨウハギ。他にベニゴンベ、メガネゴンベ、タテジマキンチャクダイ等。

2本目のポイントはウィングビーチ。ビーチといいながらボートダイビングポイントである。エントリーポイントから、別の係留ポイントまで潜行した。その近くはクレバスがあり、その中に多くの魚がいた。ハナミノカサゴ、ツユベラ幼魚、マダラタルミ幼魚、ハクテンカタギ幼魚、アカマツカサ、クロハコフグ等。

午後はグロットだったが、天候が悪く、少し疲れていたのでパスした。

ダイビング4日目。実習の2本は既に前回書いたので、そちらを見て欲しい。

3本目のポイントはグロット。サイパンに来て3回目だ。初めて晴れた。しかし、波が荒い。波により空気が海水に気泡となって溶け込み少しにごった感じだった。今回はグロットの地形を楽しむことにしたが、実はあまり覚えていない。単細胞生物で緑紫のかたまりのオオバロニア。他にはアオウミガメ、メガネゴンベ、ベニゴンベ、ギンゴイ群等。イグジットするときに、シュノーケルの口の部分を無
くしてしまった。残念!

ダイビング5日目。天候晴れ。午前ボート2本。午後ビーチ1本。

1本目のポイントは沈船(2回目)。沈船の上に多くの魚影がいた。サラサハゼ、ヨツメトラギス、クギベラ(オスとメスで色が違う)、バラフエダイ、イナセギンポ、イボウミウシ、クサリミノウシ等。

2本目のポイントはイーグルレイシティー(2回目)。マダラトビエイ5枚と、砂地に寝ているのが1枚。その泳いでいる中にシッポの短いのがいて、この腹が大きい。お腹に子供?がいるのかなぁ。他に、サイパンでは珍しいニシキフウライウオ。カンムリベラの未成魚等。

3本目のポイントはオブジャンビーチ(2回目)。期待したモンツキカエルウオを見れた。他に、フタイロカエルウオ、オビテンスモドキの成魚と未成魚など。

ダイビング6日目。天候晴れ時々曇り。午前ビーチ1本。午後ボート2本。

1本目のポイントはグロット(4回目)。深場へ行ってもなかなか見れないヘルフリッチを見たくて挑戦。外洋に出たら、マダラトビエイ、バラクーダが見えた。そのまま地形に沿って潜降。36mぐらいでアオマスク2匹。前回より明るかったので、よく見れた。妻はそれより深いところでヘルフリッチを見つけた(私はその深い所まで潜らなかった)。イグジットして、100段以上の階段を妻はうきうき気分でいつになくさっさと上がっていった。

午後のボートは、初テニアン。

この日の2本目のポイントはテニアン・フレミング。ドロップが続いていて、深いところを見ると吸い込まれそうでちょっと恐く感じた。妻は好きだと言う。魚影は中ぐらいで、ゼブラハゼ、アカハチハゼ(幼魚)、オトヒメエビ、モヨウフグ、サラサゴンベ、ホシゴンベ、クマザサハナムロの群など。

3本目のポイントはテニアン・グロット。水深10m~20mの棚にかけて広がる洞窟をくぐった。ウコンハネガイにライトを当てると中央がピカピカと光っていた。洞窟にはマダラトビエイが着底していた。暫くすると泳いでいった。洞窟の上にはエアー・シャワーが立っていた。フタイロカエルウオだが、線が入った種で、今まで見たことがない。聞くとフタイロカエルウオは4種類ぐらいあるらしい。

ダイビング7日目。ダイビング最終日。晴れ。午前ビーチ1本。午後ボート2本。

1本目のポイントはグロット(5回目)。これで、グロットの見納め。透明度はあまりよくない。左の洞窟から穴をくぐって外洋へ。まん中から入って、右の洞窟へ。地形を楽しんだダイビングだった。

午後、2本目のポイントは、バンザイクリフに向かったが、荒くて潜れずに、ウィングビーチ(2回目)。割れ目に赤白のオイランヨウジがいた。カスミアジ、ハタタテハゼ、クロユリハゼ、シテンヤッコなど。

3本目のポイントは、イーグルレイシティに行ったがマダラトビエイがいないので、B-29になった。これがサイパンでの最後のダイビングだ。浅いので40分目処にフリーでダイビングを行った。もちろん、私のバディは妻。時間が近づいたので上がろうとしたら、別のボートだった。妻が慌てて水中移動。私は方向が違うと思ったが、水中で声をかけることができないので、そして、離れ離れになってはまずいので、妻についていき、自分たちのボートの位置がわからなくなった。結局、上に船などがいないことを確かめて、浮上、海面移動してボートまで戻った。他の方々に迷惑をかけてしまったサイパンでの最後のダイビングでした。
 
今回のサイパンでダイビングしたサイパンとテニアンでのポイント。

翌日(最終日)、ツアーの島内半日観光に参加し、帰国した。

これまでで34本。さて、次のダイビングでは、念願の水中カメラデビューだ!
(次回へ続く)


アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーの取得 [SAIPAN DIVING]

海洋実習は2日間で5ダイブする。必須は、アンダーウォーター・ナビゲーションとディープダイブで、他に3つ選択する。私は、アンダーウォーターナチュラリストと、ボートダイブ、ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシーを選択した。

ダイビング2日目。アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーの実習1日目である。

1本目のポイントは沈船。ここではアンダーウォーターナチュラリストの実習。沈船でも相当崩れていた。浅い(最大水深9.2m、平均水深6.9m)ため、すぐに浮いてしまい、潜降しているのに苦労した。水中植物、水中無脊椎動物、水中脊椎動物を識別し観察する。特徴を水中ノートに絵で記載し、後で図鑑で特定する。しかし、なかなか図鑑と違うので、特定するのが難しい。


私が水中ノートに書いた絵の一部。

2本目のポイントはイーグルレイシティ。ここではボートダイブの実習。通常にボートダイブと同様。イーグルレイシティはマダラトビエイが良く見れるポイント。潜降直後、ちょっと遠目に15枚以上の群れが見えた。また、別の所に5枚ぐらいの群れ。他に1枚。そして、1枚が砂地の上にいた。眠っているのだろうか。そのうち、1枚が近づいてぐるりと回っていった。

午後、3本目のポイントはグロット。サイパンに来てから2度目である。ここではディープダイブの実習。普通に深いところにダイビングするのと同様。スコールで、すごく暗かった。外洋に出たら、割と大きいカメが1匹が水中からもう1匹が水面から潜り始めていた。さらに潜降して行く。結構BCにエアーを入れないとどんどん沈んでしまう。耳抜きも一呼吸ごとに行った。暗い中でアオマスク2匹見た。浮上は岩地をつかみながら上がった。最後安全停止時にエアーが足りなくなり、ガイドから分けてもらってしまった。

ダイビング3日目。今日は実習はお休みで、ファンダイブ。この話は次回に、他のファンダイブとまとめて書こう。

ダイビング4日目。実習二日目である。1本目のポイントはラウラウビーチ。ビーチダイビングである。浮かないように、ウェイトは重め7kgにした。初めて晴れた。海中が明るい。やはりこうじゃなくちゃ! ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー、中性浮力の実習である。毎日ダイビングしているので、少しずつうまくなり、このダイビングではうまく浮いていることができた(と、本人は思っている)。でもメモを取っている時や、何かを見ようとする時は、中性浮力を保つことが難しい。オドリハゼがいたが小さすぎた。妻は小さい方がカワイイよ!と言った。エビが出てきたらオドリハゼがさらに出てきて、エビが引っ込んだら一緒に引っ込んでしまった。

2本目のポイントはオブジャンビーチ。ビーチダイビングである。アンダーウォーター・ナビゲーションの実習である。この実習では、まず、30m水平潜行する間のキック数をカウントする。行き30キック、帰り29キック。私の場合約29~30キックすると30m移動できることになる。次にコンパスを使った直線往復ナビゲーションと四角形ナビゲーション。自分のコンパスではうまく使えなかったので借りた。コンパスを見ながら30m直進、コンパスで戻る向きへ、つまり、180度回転してまた30m直進。次に四角形は、コンパスを見ながら30m直進、コンパスを見て90度向きを変え30m直進、また、コンパスを見て90度向きを変え30m直進、最後に、コンパスを見て90度向きを変え30m
直進した。ちゃんと最初の所に戻ることができた。モンツキカエルウオの多く生息するポイントを見たけど、すごく小さいのが1匹しか見つからなかった。他に、何匹も砂地から顔を出しているガーデンイール、ヨスジフエダイに似ているが黄色が明るく見えるノコギリダイ等。

以上で、実習終わり。ついに、アドバンス・オープン・ウォータ・ダイバー(A・O・W・D)になった。ポイントによっては、A・O・W・Dを必要とするところがあるが、これでダイビングする資格だけは得たことになる。

今回実習でダイビングしたポイント。

次回はサイパンでのほかのダイブを一気に書きます。
(次回へ続く)


いざ、サイパンへ [SAIPAN DIVING]

2003年 ゴールデンウィークは、サイパンでダイビング。

今回の目的のひとつは、私がアドバンス・オープン・ウォータを取得することである。
フライトとホテルはツアーで確保。ショップは知り合いに教えてもらって、インターネットで申し込みした。

今回は9日間。初日は、サイパンへ移動のみ。滞在したホテルのすぐ近くにショップがある。翌日から7日間ダイビング三昧だ。

ダイビング1日目。今日は実習なしで、午前ボート2本、午後ビーチ1本のファンダイブ。

(沖縄で使ったボートより小さいゴムボートのような)オレンジボートでダイビングポイントへ。
1本目、いきなり、テニアン・グロットに向かう予定だったが、海況によりナフタンへ変更。シッティング・バックロールで潜降。始めての地形であるドロップ。ずっ~と深く落ちていく。透明度は良くてきれいだ。魚影は多く、その時期なのだろうか?特に幼魚が多く、じっくりと探さないと見落としがちである。ガイドが魚の種類をあまり知らないよう(但し、後で聞かれたので、勉強することはがんばっているようだ)で、妻が不平を言っていた。妻の友人には魚に詳しい人が多く、その影響で妻も魚の種類には詳しい。ハタタテハゼ、クロユリハゼ、ヘラルドコガネヤッコ、オレンジフィンアネモネフィッシュ、ベニゴンベ、メガネゴンベなど。ウェイトを5kg(以前は7kg)にしたため、水中は良かったが、5mでは浮き上がってしまうので、ラインをつかんで安全停止をした。イグジットは、ウェイトを外して、次に機材を外してボートに上がる。サイパンの水温は29℃~30℃ぐらい。気温も31℃ぐらいなので、寒いとは思わなかった。

2本目はアイスクリーム。大きいソフトクリームの上の部分に似ているからアイスクリームと呼ばれるらしい。近くにはソフトクリームというポイントがあるらしい。このアイスクリームの周囲を1周した。妻はパンダダルマハゼを見たくてガイドに案内をお願いしていたが、私たちのグループのガイドはパンダダルマハゼを知らず、別のグループのガイドに聞いていた。妻がパンダダルマハゼを見つけた!ガイドは勉強になると後で言っていた。魚影は多く、カンムリベラ幼魚、コガネヤッコ、ヘラヤガラ、ハクテンカタギ等。

昼食はショップに帰って仕出し弁当だ。お腹が空いていたので一気に食べてしまった。

午後は、サイパン名物グロット。車で向かう。グロットへの階段は100段以上。しかも入る前にスコール。タンクを背負って下りていく。グロットの中央にある岩場へ渡るのだが、途中、波が来る場所があり、ガイドの指示したタイミングで渡る。そこから順々にエントリー。すぐに移動して海面で待機。全員揃って、ガイドの合図で潜降。曇りだったため、洞窟内は暗く、光が射す状態が見られなかっ
たのが残念だ。割れ目から外洋へ、徐々に落ちていくところを潜降していく。こちらも薄暗い。透明度も期待したほど良くないようだ。30mちょこっと手前で戻る。あまり魚影を確認できなかった。ギンユウゴイ、ナポレオン幼魚等。安全停止後浮上。波のタイミングと合わせて中央の岩場へジャンプ。ガイドがフィンを外してくれる。タンクを背負ったまま、階段を上る。妻は相当参っていた。


ダイビング1日目のポイント。

明日は、アドバンス・オープン・ウォーター取得のための実習である。
(次回へ続く)


SAIPAN DIVING ブログトップ